【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

サッカー リフティング

少年サッカーでのリフティングの重要性と必要性

更新日:

サッカーおいてリフティングは重要ではないけど必要です。

リフティングをしていればサッカーが上手くなると言うものではないし、リフティングが上手ければサッカー上手ということでもない。

スポンサーリンク

アドセンス

人によってもリフティングをさせる人と全くさせない人にわかれるのかな?

そもそもリフティングなんて一人の時間にやれ!って感じかな?

でも、ある程度チームの時間にリフティングで競い合わせることで、負けたくないヤツは一人の時間にリフティングをするようかなると思うんですけどね…。

そもそもリフティングって何のため?

・リフティングはボール感覚を養う
・ボールを思うようにコントロールするため

後は、、、

それくらいかな。

簡単にいうと「ボールと友達」になろうってやつですかね?

1年生で100回、4年生で1000回。それ以上はやってもメリットはない気がします。

高学年になる前に動きながらボールをコントレールできるようにリフティングしながらグラウンドを往復とか、リフティングしながら50m走とか、

動きながらプレッシャーのあるなかでやるなら意味のあると思うけど、数ばかりこなしてもあまり意味は無いのかな?

リフティングの必要性

リフティングが必要な理由として、ボール感覚を養うという事もあるけど、頑張った結果がリアルに数字に表れるので、チームメイトと競いあったり一人の時間にリフティングは練習しやすいので、自主練には最適なんですよね、特に低学年は。

高学年でやるなら足のいろんな場所を使ったり、頭使ったり、かかと使ったりバリエーションを増やして練習をして欲しいですね。

リフティングは頑張りバロメーターが測れる最強アイテム。

あえてチームの時間を沢山使う必要はないけど、競争心を煽ったり、記録会をやって伸びてる子は誉めてあげるなどしてあげると、がんばる子も出てくると思います。

リフティングはボール感覚を養うために必要で、リフティングで「ボールと友達」になれるように頑張りましょうと言うこと。

あと「チーム内の競争心を煽る」「頑張りバロメーター」に活用できる優れたアイテムだと思います。

サッカーが上手な人にリフティングが下手な人はいませんから、サッカーが上手になるためにはまず、リフティングが出来ないといけないんじゃないかな、と思います。

アドセンス

気が向いた時だけで結構なので下記のボタンを押してブログランキングに協力いただけると喜びます。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

関連記事アドセンス

楽天


-サッカー, リフティング

Copyright© サッカーいろは , 2019 All Rights Reserved.