子供の少年サッカーの事をメインに趣味のランニングやアウトドアの事も少しだけ

Everest Run Life

サッカー ジュニア

Jリーガーになれる確率と厳しい現実

更新日:

リーガーになるってどのくらいの確率なのかなあ?とふと思ったので調べてみました…。

スポンサーリンク

Jリーガーになれる確率

2015年度
4種登録数(小学生)302,606人
2種登録数(高校生)176,000人
1種登録数(大学・社会人)153,000人

2015年Jリーグ新規入団選手(J1・J2)
高校・ユース→62人
大学→61人
合計123人

単純計算で、小学生の4種ひと学年が6万人だとしたら、Jリーガーになるためには高卒で0.1%。大卒でも同じく0.1%。いずれも1000人に一人。

二度チャンスあると言うことで結果0.2%。500人にひとりがJリーガーになれる確率

で、500人に一人ってどのくらい?

ジュニア1チーム15人として33チーム×15人=495人…。

こんなもんか…。 

でも、すでに確率論どうでも良くなってきた…。 

なるのも、なってからも大変なのがJリーガー

Jリーガーになるためには、中学・高校ではJに輩出するような強豪チームに入る事が出来ないと、現実的にJリーガーは難しくなってくる。

Jリーガーになるためには、成長とともにより高いレベルでサッカーが出来る環境が必要になってくるので、中学ではJ下部だっり1部リーグ以上の強豪と呼ばれるクラブチームだったり、高校ではJ下部の他、選手権に出るような強豪校だったり。

高校では強豪校に入ったとしても部員が1学年100人くらいいたりするから、またそのなかでレギュラー争いに勝たなければならない。

Jリーガーになるっていうのは、まずJリーガーを輩出するようなレベルの高いチームで、主力として活躍できて初めてJリーガーになれる可能性が出てくる。

もし目指すのであれば、いつまでにどのようなチーム(学校)に行きたいのか、計画性を持つことは大切だと思う。

Jリーガーになったところで…。

大変な思いして勝ち取ったJリーガー。その平均引退年齢は25歳と言われています。

その厳しい現実の裏にはC契約の壁が…。

C契約はJ1なら450分、J2なら900分の公式戦の出場がないとその上の契約はできません。C契約の上限年俸は480万円。C契約は4年目以降の更新は出来ないため、条件を満たせない選手は3年で若くして引退して行く現実があります。(新人契約でも年代別の代表だったり、指定選手として出場時間を満たしている場合はA契約可。)

C契約の年俸上限が480万円ですが、実際には200万円程度の選手もいるようです。

A・B契約は所定の時間試合に出場しないと、契約できません。B契約は年俸の上限は480万円ですが、人数制限はありません。A契約は年俸の上限はありませんが、人数制限がありA契約で1000万円〜10000万円と言われています。

サッカーを続けていくならJリーグ以外にも、JFLや地域リーグなどアマチュアを選択するのも、ありだと思います。レベルも高いので、誰でも入れる訳ではありませんが、サッカーを続けていくなら働きながら出来るし良い選択だと思います。

サッカー辞めた後はどうするの?

サッカーはそれなりのレベルで続けられるのは頑張っても35歳辺りが限界になってくる。サッカーをやらなくなった後何をする?

いずれサッカーをしなくかる。そうなった時に困らないためにも今からサッカー以外の事もしっかりと身につけさせておく事は親の仕事なんだと思います。

ちなみに2015年度は
1種 153,836人
2種 176,708人
3種 264,800人
4種 302,606人
女子シニアあわせて
951,459が登録されています。

ブログランキング参加中。少年サッカーブログランキングはこちらから↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

関連記事アドセンス

楽天


ブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

-サッカー, ジュニア

Copyright© Everest Run Life , 2017 AllRights Reserved.