子供の少年サッカーの事をメインに趣味のランニングやアウトドアの事も少しだけ

Everest Run Life

サッカー ジュニア

大切な試合で選手の気持ちを引き出す煽(あおり)り方

更新日:

大事な試合。実力も互角で今までも勝ったり負けたりの相手。毎試合ちょっとした所で勝敗が分かれるライバルチーム。

そんな試合では「勝ちたい」「負けたくない」って気持ちの強さも結果を左右する要素になってくる。

試合への入り方

それまでやって来た練習の積み重ねに自信を持って試合に望む。子供達も大切な試合と言うことは分かっていて勝ちたいと思ってる。

そんな時に「勝ちたい」「負けたくない」っていう気持ちの火を煽って火を大きくする事が上手なコーチがいる。

勝手にいつもメラメラ燃えたモチベーションMAXな子もいれば、言われて火が付く子、そもそも種火すらついていない子。色んなタイプがいるから、全員にハマる訳じゃないないけど、ココって時は優しく強い言葉で子供の気持ちを上手に煽って火を大きくする。

スポンサーリンク

勝手に燃えている子は煽り過ぎると灰になっちゃうし、種火がなければ煽っても火は着かない。

煽って炎が立ち上がるくらいの子が一番効果を発揮する。素直で純粋なんだよね。

上手な子ほど試合に対するモチベーションは高かったりする。子供達だけでモチベーションMAXまでもっていけたらば煽る必要はないけど。

モチベーションが高いから上手いのか、上手いからモチベーションも高いのか、どちらが先かわからないけど、やっぱりサッカーが好きで気持ちが強くないと上手くはならない。

煽り方が上手なコーチ

技術系の話ではなく、メンタル的なところに訴える。

どうしたいのか?勝ちたいのか?勝ちたくないのか?何か目的をもって試合に望んでいるなのか?

その子に対して強くて優しい言葉で語りかけて、その子からどうしたいのか口に発するようにして本人に気付かせようとしている。そうやって煽ってその子の気持ちを引き出して、火をどんどん大きくする。

子供の中には固まっちゃう子もいて逆効果の場合もあるから、やった方が良い子・そうじゃない子を見抜く必要もあるし、やり方はかなり難しい。

会社経営者はあおり上手?

会社経営者は基本的にあおり方が上手な人が多い。社員を効率良く動かすのも社長の仕事。上司・部下の関係でも同じようなことは良くありますね。

煽りのセンス

コーチにも向き不向きがあるから、誰でも出来るものじゃないと思う。センスも必要なので、下手にやっちゃうと「何コイツ?」てなるから気を付けないとね。大切な事は全力でプレーをしたかどうか。試合直前だろうが、試合中だろうが出来る事は沢山ある。

ちなみにこれは煽りじゃなくて体罰。煽りと体罰間違えないようにしないとね。

関連記事アドセンス

楽天


-サッカー, ジュニア

Copyright© Everest Run Life , 2017 All Rights Reserved.