子供の少年サッカーの事をメインに趣味のランニングやアウトドアの事も少しだけ

Everest Run Life

サッカー ジュニア

親やコーチに言われた事をやらない子は伸びる!

更新日:

コーチの言う事に忠実な子。親の言われた事を守れる子。

それって素晴らしいね。

そんな子供のお手本みたいになって欲しいとは思う。

スポンサーリンク

けど、それは日常生活の中での話しでサッカーや何か好きな事はまた別の話し。

何でもかんでも言いなりにはなるな

言われた事に忠実になり過ぎると「親以上」「コーチ以上」にはなれない。

人の話を聞くのは大切な事。約束を守ったり、練習を真面目に取り組むのも大切な事。

だだ、サッカーの試合中にグランド中で「自分がやりたい!」って思った事は、父親に何を言われようが、コーチの意に反していようが「自分はやりたい」とか「こうするべき!」って考えてがあればそれはやるべき。

自分で考えて行動するって凄く素敵です♥

親の考えを押し付ければ押し付けるほど、個性とやる気を無くしていく子供たち…。

チャレンジして、失敗する度に「そうじゃね〜だろ!」とコーチに言われて萎縮する子供たち…。

少年サッカー くそコーチ撲滅キャンペーン

3年生のご近所少年団の親睦カップ戦で久しぶりによそのチームのくそコーチをみた。 「お~い!ちゃんとボール蹴れよ~っ!」 「縦にだよ、縦に走れよ!縦に! ...

続きを見る

子供に対して口うるさく言う親。怒鳴るコーチ。それは子供の可能性を奪ってるだけで意味がない。

親の知らない所で成長する喜び

「あれをやれ!」「これをやれ!」って言うのも必要なんだけど、そんな事を言わなくても知らぬ間に子供が成長していると感じる事ありません?

ぼくら親が関与しない所でしっかり成長している。

子供のサッカーの試合を見て、親の想像を超える事ができたら親としては嬉しい。

なんだコイツいつの間に!って

教えるべき事を教えれば、あとは好きな事を経験させる環境をさえ与えれば、親が関与しなくてもしっかり成長する。

僕らにはわからないそれぞれの角度

サッカーに対する考え方。サッカー以外でも何か好きな事に対する取り組み方にはそれぞれ特有の角度(個性)がある。

そこから見ている景色は、ぼくらから見ている景色とは違う。

だから、その角度からのアプローチは尊重して応援する事が個性を伸ばすには必要な事なんだと思う。

親であろうがコーチであろうが、子どもが見ている景色を強制的に変えてしまう事は、個性を消す愚かな行為。

何を言われようが…。

誰に何を言われようが、それが親から見て間違っていても、何か考えがあってやっているのなら、それは嬉しい事だし、それは凄く可能性を秘めてる行動。

寂しいのは「好きなことが無い」「チャレンジしない」「人の顔色伺う」「やりたい事をやらない」とか…。

自由でいいんだよ。ルールさえ守れば。大人になればなるほど出来なくなるから、今のうちにやりたい事をやりたいようにやれ!

とにかく子供は自分がやりたい!って思った事にチャレンジして経験することが一番の栄養素だと思うんだよねぇ~。

「チャレンジさせない」「枠にハメる」
事はホントに愚かな行為ですな。

関連記事アドセンス

楽天


-サッカー, ジュニア

Copyright© Everest Run Life , 2017 All Rights Reserved.