子供の少年サッカーと仮想通貨がメインです。その他アウトドアやランニングの事など

Everest 8848

ブログ

ブログにアクセスを集める最良の方法

投稿日:

毎日一生懸命記事を書いてもなかなかアクセスが集まらない。

書くモチベーションが下がっていつのまにか更新が止まってしまう。

まぁブログを続けようが辞めてしまおうが、人それぞれなので構いませんが、それで止めてしまうのはもったいないと思うのです。

ぼくは2年以上ブログを書き続けて来てようやく月間10万PVまで増えました。

スポンサーリンク

アドセンス


このレベルはブログを続けていれば誰でも来れるレベルだし世の中にはもっと凄い方がたくさんいるので、

凄いとか凄くないとかじゃなくて、続けたらきっといい事があるよ!って言いたいだけなので、悪しからず。

どのようにアクセスを集めるのか

ブログを立ち上げて、記事を書いたからとすぐにアクセスが集まるというものではありません。

他の人のブログで紹介されたり、SNSで拡散したり、検索結果に表示されたり…。

ブログにアクセスしてもらう方法は色々とありますが、中でも一番の方法は検索結果に表示される(させる)事。実際にぼくのブログの流入の8割が検索エンジンからです。

検索エンジンからの流入は安定的にアクセスを集める事ができるし、一度上位表示されたら労せずアクセスを集める事ができます。

もちろん順位変動はありますが、上位表示が安定すればアクセスも安定的に集まります。

検索エンジン最適化(SEO)

Googleの検索結果の上位に表示させる為の対策は一般的に「SEO(”Search Engine Optimization” )」と呼ばれています。

ウェブで収益を上げる企業のサイトでは対策していない会社は無いって言えるほど、一般的な方法です。

Google検索は検索エンジンが各サイトを巡回してサイトを評価して順位を決めています。その評価は200項目あるといわれ、評価基準は常にアップデートされています。

しかし、わずかな情報しか公表されていないので憶測でもありますが、そこが面白いところでもあるのです。

みんなめっちゃ試行錯誤していますよね。

SEOの評価基準

まず、Googleの評価基準としてGoogle検索の質を上げるために、検索ユーザーにより価値のあるコンテンツが上位表示されます。

専門性や権威性や信頼性など。どこの誰が何を根拠に書いた記事なのか…。

あのDeNAのWELQ事件以降その傾向はより強くなりました。

大手IT企業・DeNAが運営していたまとめサイトの不正確な医療記事・記事盗用などについて謝罪した。「死にたい」というキーワードでGoogle検索すると、WELQの広告掲載記事がトップに表示されていることが問題になった。記事は転職サイトの広告に誘導するものであり、「死にたい」というキーワードで検索上位に表示されるようにページが作られていた。

では具体的にどんなコンテンツが価値を生むのか具体的に考えてみましょう。

タイトルとコンテンツ内容

まずは記事自体が何なのか?その最も重要なポイントはタイトルです。

タイトルは言ってみれば、記事のプロフィールのようなもので、その記事が何の記事か伝えるための重要なものです。

また、記事の内容がそのタイトルに則した内容なのか。詳しく専門性を持って誰かの役に立つ内容なのかが重要です。

見出しタグ

コンテンツの内容がどのような内容なのか、わかりやす伝えるための見出しタグ。

コンテンツを整理して、その記事が何の記事か、わかりやくまとめる役割があります。見出しを上手く整理することで読者に分かりやすい記事を提供する事ができます。

サイトの表示速度

意外と大切なんですよねコンテンツスピードは。ブログにアクセスしてから、表示されるまでのスピードはユーザビリティに重要な要素です。

あまり大きな画像をたくさん使用すると表示速度が遅くなるので注意が必要です。

サイトの速度は icon-external-link PageSpeed Insightsで調べる事ができますよ。

アクセスしたのに表示されるのが遅いブログはアクセスされる前に離脱されますから気をつけましょう。

コンテンツ量

よく何千文字以上ないと上位表示されにくいと言われる事がありますが、それはニュアンスがちょっとずれているんですよね。

大事なのは文字数ではなくて専門性。

専門性を高めるために詳しく解説する必要があるから結果的に文字数が多いコンテンツが上位に来るわけ。

無駄に長いだけのコンテンツでは評価されませんので、ご注意を。

内部リンク

自分のブログの記事と記事を繋げる内部リンクはブログのパワーを最大限に生かす重要な対策です。

関連記事:超簡単!今すぐ始められる有料ブログ【ワードプレス(WordPress)】の始め方

みたいな。

関連している記事から記事へとくまなくリンクをつなぎ込むことで、ブログのパワーを強くしてくれます。

外部リンク

外部リンクは関連する他のサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらう事でサイトのパワーが強くなります。

関連サイトにリンクを貼られるという事は、それだけ価値のあるサイトだという評価を得られるのです。

リンクを貼ってもらうためには独自性のある記事でないとなかなかリンクを貼ってもらう事はできません。

ブラックSEO

余談ですが、ひと昔はとりあえず外部リンク当てとげは、それが上位表示に凄く効果的な時期もあったんですよね。

SEO業者もこぞって外部リンク当てまくって対策しまくっていました。

そんな作為的な外部リンク対策が横行して、問題視したGoogleは一斉に取り締まりを強化して「低品質の外部リンクはペナルティの対象」という事で、

そのようなサイトは軒並みGoogleからのペナルティを受けて、圏外へ飛ばされるという事態に。

2009年は業界では騒ぎになった1年でした。

面白い記事

ぼくはどこの誰かわからないポエム系の記事はほぼ読みません。

自分が思っているほど他人は読んでくれません。(読んでくれている方々ありがと!)

何かの役に立つか余程面白い内容でないと、なかなか拡散されませんし、リピートしてくれません。

ぼくもそうですが、内容が面白くないんですよね。未だにどうすれば良いか模索していますが、

そこを極めていくにはブログを書き続ける以外に方法はないと思っています。

とりあえずぼくが意識している事は何か(誰か)の役に立つ記事を書くこと。

どんな人に向けた記事なのか。今回の記事はブログを始めたけど、なかなかアクセスが集まらない人に向けた内容を書いています。

それを意識して、とにかく書く。

結果それがGoogleからの評価に繋がりアクセスが増える。と信じています。

アクセスを集めるために必要なツール

ただ、ブログを書いてもアクセス解析が出来る環境でなければ、どのくらいアクセスが集まっているかわかりません。

ブログをやっているなら、導入しなければならない必須アイテムを紹介します。

googleアナリティクス

サイト運用にはもはや常識の「Googleアナリティクス」を導入すれば、アクセス解析が容易にできます。

リアルタイムでどのくらい閲覧されているか。どこからどのページに訪問してくれているかなど、ブログのアクセス状況を知る事ができます。

 icon-external-link Googleアナリティクス

googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、Google検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。

登録することで、サイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

どんなキーワードで上位表示されているかもわかります。

 icon-external-link サーチコンソール

ブログをやるならワードプレスで!

最近は無料ブログの記事は検索上位ではあまり見なくなってしまいましたね。

短期的に無料ブログはコミュニティが充実しているので、アクセスは集めやすいのですが長期的に見た場合、ワードプレスの方がメリットがあると思っています。

無料ブログはひとつのドメインをユーザー全員で共有しています。

そのブログサービスの質が低下してしまうと、第三者の影響を自分も受けてしまうのです。

逆に評価が高ければ良いのですが、第三者の影響を受けるのはぼくは受け入れられません。

ワードプレスのメリットはそれだけではありませんが、ぼくはワードプレス一択です。

超簡単!今すぐ始められる有料ブログ【ワードプレス(WordPress)】の始め方

このブログはワードプレス(WordPress)を使って書いてます。 無料で始められるブログと違い、デザインも広告もすべて自由! ブログは何万・何十万人 ...

続きを見る

SEOは古いネタの対策は無意味になる場合もあるので常に新しい情報をインプットするのが重要です。7/20にSEOの新刊が発売されますね。予約特典もあるので買ってみます。

ワードプレスでブログを始めるならXサーバーがオススメです。簡単にワードプレスをインストールできるし、Xサーバーは安定しているし速いです。

 

アドセンス

アドセンス

関連記事アドセンス

楽天


-ブログ

Copyright© Everest 8848 , 2018 All Rights Reserved.