子供の少年サッカーメインです。その他アウトドアやランニングやいろんな事

Everest 8848

サッカー

高学年のサッカーは詰まりやすい

更新日:

高学年になると詰まりやすいですね。

身体も大きくなってスピードも上がってくるからスペースが無くなる。

低学年の頃のような余裕は無くなってくるから「詰まりやすくなる」んですね。

スポンサーリンク

アドセンス

スペースが無い

スペースが無いからすぐに詰まってボールを奪われる。ボールを奪い奪われ、ボールが行ったり来たり…。

なので、低学年の時よりもスペースを作る意識が必要になって来ます。

どんなに上手い子でもさすがにスペースがない中では無理が出てる。

スペースを作る動き

スペースを作るためには相手を縦や横に揺さぶる動きが必要。

戻って受ける・開いて受ける。意図的に相手を引き出すためにあえて無駄な動きを入れてみたり。

6年生にもなるとそんな事をやっていかないと、ただ蹴るだけの大味な試合になりがちです。

2人目・3人目の動き

さらに作ったスペースに2人目・3人目が絡んで行けると数的優位が作れて余裕あるサッカーが出来るようになるはず。

個が活きるためにはそんな地道な動きが大切だなと思うわけです。

強いチームは個の能力はもちろんですが、そういった個を活かす動きが出来ていますね。

今は力でこじ開けられても、いずれ身体能力の差は埋められて頭打ちになるはず。

だからこそ今やるべき事はそんな地道な動きだと思います。

個の能力の限界

ある時までは「よろしくメッシ」で個で何とかなるものですが、ある時から「よろしくメッシは通用しなくなる。」

そんな時に大切なのがそんな些細なスペースの作り方、活かし方なのかなと思います。

もちろん個の能力は大切。でもチームはそれだけでは回らない。

先ずはコートを広く使ってスペースを上手く使えばもっと収まりの良い試合が出来るはず。

と思います。

アドセンス

アドセンス

気が向いた時だけで結構なので下記のボタンを押してブログランキングに協力いただけると喜びます。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

関連記事アドセンス

楽天


-サッカー

Copyright© Everest 8848 , 2018 All Rights Reserved.