【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

サッカー

シュートは打って打って打ちまくれ!

投稿日:

サッカーをやっていて楽しいと感じる時。

試合に勝った時。

ゴールを決めた時。

試合に勝つためにはゴールを奪う事が必要。さらに自分でゴールを奪って試合に勝てたらそんな嬉しいよね。

もちろん、サッカーは11人でやるモノなのでゴールを決めた選手が全てではないけど、自分でゴールを決められたら嬉しさは倍増ってもんです。よね?

スポンサーリンク

ゴールにこだわべき理由

ゴールにこだわるべき理由はゴールを奪う事で試合に勝利する事が出来るから

もちろん他のプレーでも「面白い!」って思ったり、やりがいを感じる事もある。

でも純粋にサッカーを見たり、やっていて「楽しい!」って思えるのはやっぱりゴール。

それだけサッカーにおいてゴールは重要なポイントなんですよね。

だからゴールにはこだわるべき。

シュートを打たないとゴールは生まれない

ゴールを奪える子は、ボールを受けたらまずゴールを目指す。

低学年とか小さな子供たちのサッカーは特にひたすらゴールを目指す。

そんな風景を見るといつもサッカーの原点を感じますね。

しかし!

成長するほど、安全策に走ったり、より戦術的なプレーに走ったり。

もちろん、それはそれで成長なのかもしれないけど、低学年の子がひたすらゴールへ向かう姿勢ってかなり重要な思考だと思うんですよね。

だから、それを忘れたらいけないかなと。

低学年の試合で、気持ちがゴールの中に入りっぱなしの先陣切ってる子とかいますよね。

そんな子を見ると「良いなぁ」って思いながらいつも見ています。

シュートを打つ意識こそがゴールへの近道

成長して行くと「サッカーとは何ぞや」っていう様々な概念が自然と刷り込まれていく。

ぼくは繋ぐサッカーが好きなんです。

繋いで、数的優位作って、確実に相手を崩してゴールを奪う。エンターテイメント的なサッカーは見ていて面白い。

でもね。

実際に勝敗を分けるポイントってそこじゃないんですよね。

要はより多くゴールを奪った方が勝ち。

とにかくゴールを奪って、勝利して喜べるなら、繋ぐ事なんてせずに、効率良くとっととゴールに迫ればいいんです。

そのために「シュートを打つ」っていう意識は常にファーストチョイスであるべき。

相手はゴールを奪われたくないからシュートを打とうとすると寄せにくる。

寄せに来たらどこかにスペースが生まれる。そこで左右に揺さぶるパスを供給す出来たら崩せるしね。

シュートも失敗してなんぼ

シュートは打って打って打ちまくれ!

たくさんシュートを打っていればいつかは入る。

結局何事も反復練習しないと上達する事はないので、とにかくたくさんシュートを打って打って打ちまくれ!

「何回シュート外せば気がすむんだぁ~」なんて言われたらシュート打たなくなちゃうから見る側は気をつけないとね。

こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

子供にサッカーに興味をもってもらうにはDAZNは必須。我が家では無くてはならないアイテムです。1ヵ月間無料なので試す価値はあり!

DAZN


ブログランキング参加中
気が向いた時だけで結構なので下記のボタンを押してブログランキングに協力いただけると喜びます。

毎日つぶやき中
Twitterでも毎日つぶやいています。宜しければぜひフォローよろしくお願いします!

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2019 All Rights Reserved.