【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

Amazon8月

8月31日までアマゾンでまとめ買いがお得!

サッカー

「デカい」はサッカーの重要な要素のひとつだけど…

投稿日:

個人的には残念な事ですが「デカい」はそれだけでアドバンテージ。

もちろんデカければ良い訳じゃないし、世界のスーパースターも小さい選手はけっこう多い。

けれど、小中学生にとって「デカい」という要素はアドバンテージであることは間違いない。

スポンサーリンク

アドバンテージになる要素

小学6年生にもなると体がもう中学生並に大きい子はちらほら現れる。

そんな子はたいてい

「キック力がある」
「体が強い」
「足が速い」

そんな子は頼りになるし、ゴールも量産できるでしょう。

一番後ろのポジションに置けばチームが落ち着くでしょう。

きっとそんなデカい子はチームの中心選手でしょう。

そして、様々な人から評価されやすい。

だから身体が大きい子はそのアドバンテージをおおいに活かすべきですね。

アドバンテージを活かしつつ

ただし、身体がデカいアドバンテージにはサッカーの要素は含まれていないんです。

「キック力」「身体が強い」「足が速い」はあくまで身体的なアドバンテージ。

大切なのは「サッカー」
キック力があって、身体が強くて、足が速ければたいていの事は通用するでしょう。

でも大切な事は「サッカー」をすること。

そこを履き違えてしまうのはもったいないので、そこの違いを見極める事が大切ですね。

こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

有料記事

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2019 All Rights Reserved.