【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

Amazon8月

8月31日までアマゾンでまとめ買いがお得!

サッカー

小学生がいきなり11人制のサッカーをするとだいたいカオスな試合になる理由を語ろう

投稿日:

8人制のサッカーに慣れ親しんだ少年達がいきなりジュニアサイズのコートで11人制のサッカーをやると、だいたいカオスな試合になりますね。

今日はその理由を語ります。

スポンサーリンク

8人制サッカーの趣旨

2011年に小学生のサッカーに8人制が導入されて以来小学生のサッカーは8人制に定着しました。

そして8人制が導入されたころの記事には

個人のボールタッチ数を増やす、ゴール前の攻防を増やす。
8人制では1対1の局面が多くなり、ひとりが抜かれればピンチになるし、突破できればビッグチャンスになる。
8人制になったことで、前でボールが奪えればビッグチャンスになると子どもが気づき、積極的にリスクを負ってチャンレンジするチームも多くなった。

8人制になったことで、試合に関わる時間が増えてみんな積極的になったんです。

確かに育成年代にはボールや試合に関わる時間は増えた方が良いですよね。小学生のサッカーには8人制の方が合うと思っているのでこの取り組みには大賛成。

ただね。

8人制に慣れ親しんだ子供達が11人制のサッカーをいきなりやると、8人制サッカーの趣旨が邪魔をして、だいたいカオスな試合なりますね。

その理由は

今までの感覚で皆んながボールに絡んで行くから、人数が増えた分、ボールに人数をかけ過ぎになってカオスになります。

もはやそれはサッカーをやりたての1年生のようにボールに群がり、スペースを消してカオスな試合。

大人のフルコートでやれば緩和されるけど、これをジュニアサイズのコートでやってしまうと目も当てられませんね。

だからもう、小学生でいきなり11人制はやらなくてて良いですよ。

やるのであれば、それなりに準備して11人制のポジションの役割意識を認識してからでないと、ちょっと厳しいね。

こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

有料記事

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2019 All Rights Reserved.