【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

Amazon8月

8月31日までアマゾンでまとめ買いがお得!

サッカー

限界突破の富士山登山

更新日:

おそらく最後になるだろう三兄弟揃っての富士登山。

今回はおそらく3人揃って登るのは最後になるだろうから、終始ビデオカメラも回していきました。

スポンサーリンク

限界突破のキッカケになったハイペース

子供たちも体力が付いて来たせいか、いつもより速いペースで八合目くらいまで登り進めました。

そして弾丸登山につきものの高山病が八合目あたりから、次男と三男に襲い始めました。

そして異変が出始めて一気にペースダウン。

山頂も見えるし、一応足は動いているので、無理を承知で、休みをこまめに挟みつつ山頂を目指します。

限界突破まであと少し

無事に今年も登頂する事が出来ました。


山頂で持参したカップヌードルを食べたのですが、山頂に着いた時に三男は完全復活。

次男は山頂で寝込んでしまい、カップヌードルを起こして食べさせるも2口でギブアップ。

今までの経験から山頂でこのような状態になってると、下山は相当苦労します。

予想をはるかに超える症状

下山を開始してすぐに、山頂で食べたカップヌードルを吐き出す。

「頭が痛い」としきりに訴えては立ち止まっては座り込む。

最初は「次男のペースで」と思い次男のペースに合わせてゆっくりと下山していましたが、あまりに長い休憩時間に

「ゆっくりでいいからとにかく降りよう」「下りない限り状況は良くならない」「頑張っ!」を繰り返し、立たせて歩みを始めさせる。

言葉を発する事も出来ない次男は、水を飲んでは吐いてを繰り返すこと10回。

脱水の症状が出始めているので、辛いだろうがとにかく下山を促す。

幸いな事にぼく自身は高山病になった事は無いので、どんな苦しみかはわからないけど、今まで高山病にかかった人を何人も見て来ましたが、今回の次男は本当に辛そうです。

何度も吐き、外人さんから塩分チャージを分けてもらうなどしながら、とにかく下山。

状況が良くなる事はありませんでしたが、下山開始から約4時間の魔の下山道を限界を超えながら生還しました。

 

これまでも高山病に掛かりながらも、泣きながら2、3回吐くことはあっても、ここまで歩けなくなり脱水の症状が出たのは初めてでした。

今回の次男の姿を見てしまうと、もうぼくから次男を富士山に誘うことはありません。

次男も「もうぜってーに登らない!」と強く誓っています。

そんな感じで我が家の三兄弟そろっての富士山弾丸ツアーは幕を下ろしました。

 

富士山は楽しい。また来年も登ります。

こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

有料記事

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2019 All Rights Reserved.