【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

rakuten

サッカー

【そろそろジュニアユース】クラブチームでサッカーをやると言う事は

投稿日:

あと数ヶ月も経てばジュニアユースでの活動が始まる。

長男やその周りの仲間もジュニアユースで苦労した経緯をみて来たから、ここいらでジュニアユースのクラブでサッカーをやるという事を改めて心得ておこうと思います。

ジュニアユースでサッカーをやるにはそれ相応の覚悟が必要です。

当たり前のことですが、甘くみてると途中で萎えちゃうので、改めて。

当たり前の事なんだけど、、

スポンサーリンク

拘束時間

部活は学校の授業が終わってそのままの流れでサッカーの練習が出来るけど、クラブチームの練習は一度家に帰ってから練習会場に向かう。

練習会場までの距離は環境によって異なるけど、片道1時間かけて通うことは珍しいことではない。

移動に毎回往復2時間。

部活であれば、この2時間を別の事に使える。

平日3日間練習があるとするば1週間で6時間。1ヶ月で24時間。

そんな事当たり前じゃん!なんて思うかもしれないけどそれなりの覚悟は必要よね。

中学生は色々と大変だから、、。

活動費用

これまた当たり前だけど、クラブチームの場合は部活より活動する為に色々と費用がかかる。

月謝・お揃いの練習着・ユニフォーム・ジャージ。

さらに春・夏・冬には合宿。

週末の試合は県内・県外と部活よりも行動範囲は広い。

中学生になると交通機関は大人料金。ボディブローのように親の懐に効いてくる。

部活の活動はほとんどが市内かお隣の市の程度。

行動範囲でかかる交通費は全く変わってきます。

関東リーグとかだと、さらに行動範囲は広がるから相当かかるんでしょうね。

当たり前なんだけど、金銭的にも覚悟が必要。

試合に出ろ

試合に出れるように頑張るんじゃなくて「試合に出ろ」。

一番シビアな問題だからこそここにはこだわらないといけない。

試合に出れないまま3年間クラブチームでサッカーをやるモチベーションを保つ事は結構大変。親も子も。

だからそれ相応の覚悟が必要。

こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2020 All Rights Reserved.