【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

rakuten

サッカー

【認知と判断】は行動の根幹

投稿日:

歩道で自転車が向こうから来た。

電車でたくさん人が乗ってきた。

駐輪場で他の自転車がたくさん置いてある。

自分以外の状況を認識するのが認知力。

スポンサーリンク

認知力

認知力は自分以外の状況を把握する事。

特に50歳くらいの年齢になると認知力が低下している人をよく見ます。

いつも同じ事を繰り返し行っていると、周りの世界を遮断する脳に凝り固まってくるんだと思うんです。

なので、ぼくは出来るだけいろんな事に興味を持って「新しい事をとにかくやってみる」という事を意識しています。

認知力が無くなると判断力すらできなくなり、全ての行動に影響し来るから、認知する意識は非常に重要ですよね。

 

判断力

認知に連動して重要な判断力。

認知した情報をもとに最良の選択をするために必要な判断力。

「歩道で自転車が向こうから来たら…」

歩行者と自転車が安全に通れる1番良い最良の避け方はなにかを判断して選択する。

「電車でたくさん人が乗ってきたら…」

多く人が乗れるように出入口を開けたり、

「駐輪場で自転車を停めるとき…」

次に入って来る自転車の邪魔にならないか。

周りの状況を把握して1番良い方法を選択して判断する。

そんなに難しい事じゃないけど、沢山の情報を認知して判断する。

それを意識していない人見るとホント残念でなりません。

判断は間違えるもの

判断は間違える事も前提になっていなければなりません。

判断を間違えるのは当たり前で、意識して認知して判断する状況に至ってる時点で成功。

1番良くないのは認知や最良の判断を意識しない事。

認知・認識をしようとする意識がない事が1番良くない。

判断する事。それが間違っていようが、合っていようが、それが経験になって次の判断材料になるから、間違っていようが合っていようがそこは問題ではなく、

とにかくやってみる。意識する。そんな事のくり返しが重要だと思うのです。

サッカーでも一緒

これってサッカーでも一緒。

今置かれている状況を認知して判断する。

認知する情報を沢山得れば得るほど最良の判断を選択をする事ができる。

その判断が間違っているか合ってるかは問題じゃなくてそれをやる事自体に意味があるよね。

 
こちらからは以上です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
 

DVD

DVD周りに差を付ける為の自主練に最適なDVD【サッカーテクニック向上メソッド】はこちら

関連記事

-サッカー

Copyright© サッカーいろは , 2020 All Rights Reserved.