【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

サッカー

サッカー

2020/7/2

小学生で蓄えて、中学生で飛躍して、高校で成熟して、その後は謳歌

サッカーは楽しい。 小学生の時にサッカーを楽しむ為の技術と楽しい試合を繰り返しながらいろんな事を覚えて、 中学では体の成長とももに一気に飛躍して、 高校で成熟する。 この間にサッカーから離れる選手、サッカーを続ける選手。色々いるけど、 それまで培ったサッカーはのちに謳歌できる財産になる。 スポンサーリンク サッカーを続ける 途中でサッカーをやめてしまう選手もたくさんいるけど、サッカーをやって来た者としてサッカーは続けて欲しい。と思っている。 なぜなら、小学生の時に理不尽なことも含め、色々なことを経験して、 ...

サッカー

2020/7/1

間合い

飛び込んだ抜かれちゃう間合い。 体を寄せればボールを奪える間合い。 やった事ないけどボクシング間合いの取り方に似ているのかもしれないね。 スポンサーリンク 間合いを感じる 間合いって言っても分からないし、想像しても分からない。 やってみて感じるしかないんですよね。 自分なりに思考錯誤して自分の間合いを見つけ出す。 そして自分の間合いがわかると、ボールを奪えるようになってサッカーがめちゃくしゃ楽しくなる。 あるところまでは大体ボールを奪う事ができるようになる。 でもね、 上には上がいてそれを難なく交わす選手 ...

サッカー

2020/6/30

誰の元でやって行くか

世の中いろんな人が居るし、十人十色以上に人それぞれ考え方は異なるから「自分がこの人だ!」って思う人を見つけてついて行くのが良いよ。 スポンサーリンク 選べる時代 親以外は何をやるにも選べる時代。 生まれて来た以上、親を選ぶことはできないけどそれ以外は自分で選んでんだよね。 自分で選んでいるんだから、環境や同士のせいにしちゃいけないよな。 不満があるなら環境を変えればいいし、嫌なら逃げたって良いのに、自分で選んで不平不満を言うのはあんまりカッコいいものではない。 自分で選んでいるんだから。 反対意見や考え方 ...

サッカー

2020/6/30

繋ぎたいならドリブル。ドリブルしたいなら繋ぐ

ドリブルするためにパスを繋いでスペースを作り出す。 パスを繋ぐためにドリブルで相手を引き出してパスコースを作る。 繰り返した先にゴールが見える。 スポンサーリンク ドリブルで仕掛けると ドリブルを仕掛けると必ず相手がプレッシャーをかけにくる。場合によっては2人とか3人とか。 ドリブルで仕掛ける事によってパスを通すスペースが出来やすくなるから、ドリブルすることはパスを繋ぐためにはとても有効。 パスを回すことで パスを回して相手を動かすことでドリブルで仕掛けるスペースが生まれる。 パスで相手を左右前後に揺さぶ ...

サッカー

2020/6/28

両足蹴れるメリット

左のスペシャリストでも右足でセンタリングをあげるし、シュートも打つし、ドリブルで右足も使う。 左足のスペシャリストの右足の精度が上がれば有利になる。 スポンサーリンク メリット サッカーでは利き足じゃない方でボールを蹴らなければならないシチュエーションはたくさんある。 例えばシュートシーン。 利き足に持ち替えてる間に詰められてシュートチャンスを失う。 利き足の精度が低くシュートがほとんど入らない。 そんな精度の低いままより、利き足じゃない方の足の精度を上げて、しっかりとシュートが打てるようになっておいた方 ...

サッカー

2020/6/28

こねるの禁止

ボールをこねて、囲まれて奪われる。 これやるとグラウディオラもめっちゃ怒る。 ドリブルで仕掛ける・ボールキープすると違って、自分よがりのプレーでボールを奪われるからめちゃ嫌いなプレーです。 スポンサーリンク こねると詰まる ボールをこねると、囲まれてボールを奪われるだけじゃなくて、周りも相手に付かれ詰まってパスのスペースもなくなるし、流れが遮断されてしまう。 例えばサイドでボールを持っている選手が早い段階でセンタリングを上げておけば、中にはスペースがあるからゴールに繋がる確率が高いけど、 切り返して、切り ...

サッカー

2020/6/26

体幹を強くする

「体幹を強くする」 これめちゃくちゃ大切。 皆んなわかってるけど、やり切れてない。 スポンサーリンク 体幹が強いと身体の軸がぶれないからキックの精度が安定する。 身体を当てられてもぶれないから、ボールを奪われにくい。 身体を当ててボールが奪える。 皆んなわかっているけど、体幹トレーニングをやり切れてない。 サッカーに直接関係のないトレーニングだから面白くないし、辛いから皆んなやり切れない。 ジュニアユースに上がると走り込みしたり、体幹トレーニングしたりするけど、それだけじゃ足りない。 周りに差をつけるため ...

サッカー

2020/6/25

リフティングが下手なプロサッカー選手

「リフティングが出来ないプロサッカー選手もいる」とまことしやかに一部で言われているけど、 僕は見たことがありません。 スポンサーリンク どこにそのような根拠があるか知りたい YouTubeなどにはスター選手が華麗なリフティングを披露する動画は探せばいくらでもあるけど「リフティングが出来ない」と証明できるような動画を見たこと無いし、 動画以外でも、リフティングができないプロの選手がいる事を証明するものを見たことがない。 知恵袋なんてひどいもので、 「〇〇選手は小学生の時は15回しか出来なかったらしい」 とか ...

サッカー

2020/6/23

キックは膝から下でミートボール

キックの精度を上げるには膝から下の動きが重要。 キックのインパクトまで力まず膝から下の動きに集中してインパクトの瞬間に力を込める。 インパクトの瞬間まで脱力していればいるほどミートボール。 スポンサーリンク 力まない 絶好のシュートチャンス。 力めば力むほど、だいたいミート出来ずに失敗する。 上半身に力が入れば入るほど身体の動きがバラバラになるから軸がぶれて上手くボールの芯を捉えて辛くなる。 しっかりボールの芯をミートして強いボールを蹴るためには力まない事。 ミートする瞬間は膝から下の動きだけでボールの芯 ...

サッカー

2020/6/23

ボランチの楽しさ

ボランチは楽しい。 なぜなら守備と攻撃両方の起点で試合に関与するシチュエーションが多いから。 どうボールを奪うか。どう攻撃を開始するか。 さらに、攻めている時には後方からスペースを見つけて得点を奪いに行くことができる。 だからボランチは面白い。 スポンサーリンク 8人制には無かったボランチ 8人制にはMFに前後のポジションは無く、MFはだいたい左右と真ん中の横一列。 中学に上がり11人制になるとMFには前後のポジションが追加されボランチの役割が新たに追加される。 中学になりたての試合では8人制のサッカーが ...

サッカー

2020/6/20

結果、出来る事はやった方がいい

小学生の頃リフティング5000回やりました。 小学生の頃、利き足(右足)捻挫して1ヶ月左足だけでボール蹴ってたら左足も右足と同じように蹴れるようになりました。 ランニングを初めたらハーフマラソン90分で走れるようになりました。 結果、全部サッカーに活かせているので、四の五の言わずにやって見たらいいよ。 そしたら、大してサッカーが上手くなくても全国大会に出れるし、 社会人になって都道府県のトップリーグで元Jの人とか、選手権で国立経験者とかと一緒にサッカーできるようになる。 今日も最後までお読みいただきありが ...

サッカー

2020/6/18

人によりけり

人によりけりなのに…。 リフティングが必要なタイプ。 両足蹴れた方が良いタイプ。 体力を付けた方が良いタイプ。 それぞれのタイプに合わせるべきなのに、対象を無視して必要・不必要を論じたらダメでしょ。 ここをやった方が良い!というポイントは人それぞれ。 スポンサーリンク 一括りじゃない サッカーなんて人格と一緒でタイプは人それぞれ。似たようなタイプは存在しても、全く同じプレーをするサッカー選手は世の中には存在しない。 なのに、 リフティングは意味がない。 利き足のスペシャリスト目指すべき。 走り込みは必要な ...

サッカー

2020/6/17

「やれ!」って言ってもやらないの解っているけど「やれ!」って言い続ける

「やれ!」って言ってもやらないよね。 そんな事はわかっちょる。 自分が誰かに「やれ!」って言われても自分もやらないし。 「やれ!」って言われてもやらない解っているけど敢えて「やれ!」って言い続ける。 スポンサーリンク なぜなら自分の意思・意思表示が大切だから 一度約束した事なら「やれ」。でも「やらない」のよね。 やらないなら「それはやらない」って意思表示すべきだし、他人に「やれ」って言われてその通りの行動になるものではないという事は解ってる。 「まだそんな意思表示できないよ」って言われるかもだけど「やれよ ...

サッカー

2020/6/16

心整える前にカラダを整える

身体が整っていないと心は整わない。 気持ちも上がらないし、やる気も出ない。 身体が資本。心より身体先。 スポンサーリンク 仕事も勉強もサッカーも 何をするにしても身体が不調だと集中できないからパフォーマンスは著しく低下する。成長する為には気持ちの問題ではなく身体が大切。 ・十分な睡眠 ・早寝早起き ・バランスの取れた食事 ・適度な運動 で身体が整う生活をするのと ・暴飲暴食 ・睡眠不足 ・偏った食事 ・運動不足 で、生活するの どっちが自分の能力を最大限に発揮できるか? 日々最大限の能力を発揮する為にしっ ...

サッカー

2020/6/12

試合に出れる環境とよりレベルの高い環境で競争する事どっちが良いの?に終止符

都道府県のトップレベルともなれば、技術はもちろん人間性みたいなところまで評価対象になっているようで、凄いなぁ、、と感心する事ばかりです。 厳しい環境になればなるほど「試合に出れる」「出られない」って事がシビアになってきますね。 スポンサーリンク 試合に出ないと意味がない ベンチにいて得られる事もあるけど、やっぱり試合に出てなんぼだと思いますね。 普段、練習試合や招待試合に出られたとしても、大事な試合になったらベンチ要員。 もちろんそんな中でも試合に出るためにやるべき事をやらないといけないのですが、それ以前 ...

サッカー

2020/6/11

目標にロックオン!

これ出来ないよなぁ〜って思いながらやるのと、出来る事をイメージしてやるのでは結果は全く異なるぞ。 スポンサーリンク 例えば日本山岳耐久レースの場合 奥多摩の山中を71.5キロ24時間でぐるっと一周回って帰ってくるというレースがあるんだけど、初めてそのレースを知った時はこんなの走れるもんじゃないよな〜 なんて思っていた。 でも日々ランニングを積み重ねていくと、挑戦してみたい。完走したいってい意識が芽生えてくる。 で、その想いが継続出来たおかげで結果的に5回出走して4回完走できました。 1番最初に走った時は1 ...

Copyright© サッカーいろは , 2020 All Rights Reserved.