【サッカーいろは】どうすればサッカーが上手くなれるかな?どうすればもっと楽しめるかな?を追求しちょる

サッカーいろは

ジュニア

サッカー ジュニア セレクション

2017/9/23

特徴が際立っている方が評価受ける

他人の子供に対しては良い所が見えるのに、身内に対しては出来ない事ばかり気になってしまいついつい「これがダメだ!あれがダメだ!」とあら探し。 「あら」なんて誰にでもあるし、人の「あら探し」なんて誰にでもできる。大切なのはそこじゃなくて…。 際立った特徴をもっていた方が評価を受けやすい  icon-check-square-o 足が速くて一人でフィニッシュまでもって行ける子  icon-check-square-o 回りが見れてボールがさばける子  icon- ...

サッカー ジュニア 練習

2017/9/21

考えてサッカーをやるための3つの約束

「より広い方へ」「より相手のゴールの近くへ」「数的優位をつくる」 チームの状況に合わせてどんな約束にするか考えるべきだけど、一連の流れを想定した3つの約束を決める。 肝心なのは「連動する」「3つ」の約束。 平日練習から週末の練習試合もとにかく3つの約束。 スポンサーリンク 考えてサッカーをやる為に 2つ、3つ先の事までの考えてサッカーをやっている少年なんてそうそういない。 居たとしてもそれはごく一部。ほとんどの子はそれが出来ていないから、3つ先まで連動する事を考えながら練習する事で考えてサッカーをする事を ...

サッカー ジュニア 練習

2017/9/20

フィニッシュの精度を上げよう

せっかくゴール前に良い形で抜け出してシュートしたのに外してしまう。 チャンスを作ってもフィニッシュが決まらなければ意味は無い。 サッカーはゴールを奪うことが最大の目的でゴールシーンはサッカーの魅力のひとつ。 スポンサーリンク 点を取って勝ちにこだわる 勝ちにこだわるって言うとなんか勘違いされそうだけど、どんなメンバーで挑んでも点を取って勝ちにこだわる事は大切。 力が拮抗していたり自分達より力のあるチームであればあるほど、フィニッシュの精度(結果)が大切になる。 得点できるかシュートを外して終わるか、チョッ ...

サッカー ジュニア ジュニアユース セレクション

2017/9/17

ジュニアユース(中学)世代に充実したサッカー生活を送るために「今」知っておきたい事

中学では部活でサッカーをやるものと思っていた長男。ある日突然クラブチームでサッカーやりたいと言い出したのが昨年の11月。 きっかけは同級生が入団するクラブチームの追加セレクションに誘われた事。 たまたまセレクションを受ける事ができましたが、ジュニアユースのセレクションは早いチームは6月から始まる。 11月では遅すぎます。クラブチームでサッカーをやるならチーム選びや情報収集は4月から始めないと手遅れになるかもしれません。 スポンサーリンク セレクション 部活にはセレクションがありませんが、クラブチームの場合 ...

サッカー ジュニア

2017/9/14

親やコーチに言われた事をやらない子は伸びる!

コーチの言う事に忠実な子。親の言われた事を守れる子。 それって素晴らしいね。 そんな子供のお手本みたいになって欲しいとは思う。 スポンサーリンク けど、それは日常生活の中での話しでサッカーや何か好きな事はまた別の話し。 何でもかんでも言いなりにはなるな 言われた事に忠実になり過ぎると「親以上」「コーチ以上」にはなれない。 人の話を聞くのは大切な事。約束を守ったり、練習を真面目に取り組むのも大切な事。 だだ、サッカーの試合中にグランド中で「自分がやりたい!」って思った事は、父親に何を言われようが、コーチの意 ...

サッカー ジュニア 練習

2017/9/12

あら不思議。チョットした意識付けで意味ある練習に

ハーフタイムのシュート練習。逆足トラップの練習。 単純な練習でもチョットした事で意味を持つし、子供たちに練習の意図をしっかり伝える事で、試合に使えるようになるから意図を伝える事はすごく大切。 スポンサーリンク 試合前のハーフタイムのシュート練習 良く見かけるハーフタイムのシュート練習。 基本的にハーフタイムにするシュート練習は好きではないけど、どうせやるならでディフェンスを付けてやるべき。 ディフェンスがシュートコース塞いで、そこからシュートコースを作ってシュートするイメージを加える。 単にフォワードに当 ...

サッカー ジュニア 練習

2017/9/10

AチームとBチームの子の差はサッカーへの入口の違い

AチームとBチームの子の差は技術的な違いより、サッカーを始めた入口に違いがあると思う。 練習中に「動いてスペース作ろう」「スペースでボールを受けよう」「声出してボールを貰おう」って言われて それにチャレンジしようとするのはAチームの子で、 Bチームの子はやろうしないというか、どうやれば良いのかわからない様子。 その時点でAチームの子とBチームの子に違いを感じる。 Bチームの子はイメージできないだけなのか、向上心がないからやらないだけなのか…。そこはわからない。 出来る子に引っ張ってもらうのも良いのじゃが、 ...

サッカー ジュニア

2017/9/13

自分たちで狙いを定める面白さ

県のトップリーグを引退した後に、しばらく在籍していた地元の社会人チームの試合に久しぶりに参加してきた。(人数が集まらないから半ば強制) もちろん監督やコーチなんていません。だから試合前の戦術の共有なんてありません。 人数ぎりぎりで、キックオフ直前にグランドの中でポジションを決めるようなチームです。 ヨボヨボの体には結構堪える1戦じゃったよ スポンサーリンク 狙いを定める楽しさ 40歳前後オヤジ集団。中でも最年長の僕はもちろん1試合60分を走り切る事なんて出来ません。だから、皆で試合の流れを読みながら、相手 ...

サッカー ジュニア

2017/9/2

蹴る事の大切さわかってる?

4年生。 「ボール強く蹴れますか?」 「ボールを遠くまで飛ばせますか?」 「変な回転無くボールを蹴れますか?」 「狙った所にボールを蹴れますか?」 「思い通りに回転を掛けられますか?」 成長すればみんなそれなりに蹴れるようになるんだけど、本当に蹴れる人と、とりあえず蹴れる人ではやっぱり最後の精度に差が出ます。 スポンサーリンク 蹴れない人はセンタリングがゴールラインを割ってしまったり、シュートが枠に入らなかったり、パスをミスしたり…。ミスが多い。 そのミスはチャンスを逃したり、ピンチを招いたりするんじゃよ ...

サッカー ジュニア 練習

2017/9/1

少年サッカーの方程式 コーチ×子供=指導力

サッカーを教えるうえで大切なのは、子供の特徴や課題に合わせてコーチの経験や学びから感じた事を「引出し」から出して子供に伝える事。 本とかDVDとかの教材はあくまで「引出し」を増やす為であって、それをそのまま練習に落とし込むのは基本的に違うと思うのよね。 スポンサーリンク チームによっても課題やスタイルが異なる 上手い子に頼ってしまうチーム。皆がそれなりに出来るチーム。下手な子が多いチーム。強豪チーム。弱小チーム。 それぞれに特徴があって、チームスタイルもそれぞれ違うはず。 なのに教材の練習方法とかそのまま ...

サッカー ジュニア

2017/8/30

足が速いならその武器はシッカリと活かそうぜ!

足の速い子。 サッカーでは足が速いという時点でかなりのアドバンテージがあり、活かし方によっては凄い武器になる。 足が速いっていうだけで「サッカーが上手い」って事に直結してしまうほど、サッカーにおいて足が速いって事は重要な事だと思います。 わしゃ足が遅かったから足の速い子のプレーは真似できんかったわ スポンサーリンク J下部のジュニアユースの試合にて とあるJ下部のジュニアユースの試合を見に行ったんだけど、ひときわ目立つ存在の子が1人いました。 とにかくスピードがある。トラップやドリブルも上手いんだけど、と ...

サッカー ジュニア

2017/8/29

コーチのふたつの役割と保護者のひとつの役割。三身一体がカギ

少年サッカーのコーチの役割って何でしょう? 色々あると思うけど、僕が思うコーチの役割って2つあって、ひとつがその子の「個性(能力)を引き出してあげる事」。もう一つは「チームの能力を最大限に引き出してあげる事」 スポンサーリンク 個性(能力)を引き出してあげる 子供一人ひとり個性があって同じ子供なんて一人もいないのに、コーチが枠にはめた理想を追い求め過ぎると、それぞれの子供の良い所を伸ばす事が出来ないし、そのコーチの考え以上の子は成長しないと言うことになる。 コーチの役割ってコーチの考えに子供を当てはめるの ...

サッカー ジュニア

2017/8/26

サッカーが上手くなる子はコーチや親など関係ねぇ!

自分の仕事の課題や得意な所をきちんと説明出来ますか? ん〜…。俺出来ない。だからいつまで経っても平凡サラリーマンなんだよな…。 で、子供に聞いてみた。 自分得意なプレーは何? ん〜…。わからない …。 じゃぁ課題は? ん〜…。わからない …。 まぁそれならそれで良し。お前も俺と一緒で平凡なサッカー選手になるだけだな。 伸びる子はチームやコーチ、親など関係無い どんな素晴らしいコーチでもどんなに素晴らしいチームでも、親がいくら口出ししようが、サッカーをやっている本人が「どうなりたいのか」「そのためにどうしな ...

サッカー ジュニア

2017/8/16

出来る子がやってしまうと出来ない子はいつまでも出来ないよ

ゴールキック・フリーキック・コーナーキック。 練習試合でも公式戦でも蹴れる子が全部蹴ってしまうと、蹴れない子はいつまで経っても蹴れないまま。 色んな子にたくさん蹴らせて失敗させる事が大切。 わしの人生なんか未だに失敗だらけじゃよ スポンサーリンク 蹴る事の大切さ 蹴る(キック)ひとつとっても色々な種類があるけど、まずは「強く蹴る」「遠くに飛ばす」事が大切。チームに蹴れる子が多ければ多いほどいいんだけど、蹴れる子がいなかったり、一人しかいなくてその子にしか蹴らせない場合、いろいろと問題が起こる。 ゴールキッ ...

サッカー ジュニア

2017/8/9

【少年サッカー】保護者が言う2種類の「なんか今日調子悪いなぁ」

ほとんどの人はそんな事ないんだけど…。 初めてサッカーやる環境(セレクションや入団初日)で、自分の子供に対して「今日は何か調子悪いのかなぁ」と感じる人いると思う。 実際にそのシチュエーションで聞いたことも何度かある。「今日は何か調子悪いなぁ」って言葉。 たちが悪いと「うちの子は本来こんなもんじゃないんです」的なアピールをしてくる人もいる。 チーム練習初日だから力を示して欲しい。セレクションだから力を出し切って欲しい。でも、期待していた程のプレーが出来なかったら 「あれ?何か今日は調子悪くね?」 「実力はこ ...

サッカー ジュニア ジュニアユース 練習

2017/9/7

少年サッカーの練習メニューを年代別にまとめてみたよ

「練習メニュー」とタイトルに付けておいて何なんですが、細かな練習方法とかじゃなくて、練習メニューを決めるための考え方みたいな事です。 細かい練習方法は子供やチームの課題によって異なるから、当事者じゃないとわからないし、それはコーチや保護者や本人が考えて決めないとね。 スポンサーリンク それぞれの課題は経験や色んな情報を上手く取り入れて、それぞれの課題に落とし込む。 そのヒントとなるような、もっとざっくりした年代によって何が大切なのかを、自分の経験を踏まえてまとめてみたよ。 なので、すげ〜上から目線的な記事 ...

Copyright© サッカーいろは , 2021 All Rights Reserved.